岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
国宝の塔30基を訪ねて

第11回「二つの古都を結ぶ途上に建つ塔」京都の塔 海住山寺五重塔

2012年8月9日

11-1

奈良・京都・大阪の県境、京奈和自動車道から別れ、木津川に沿って東に遡ると加茂町に入る。海住山の中腹にある海住山寺(かいじゅうせんじ)は、軽自動車がやっと通れる急な山道を登らなければならない。

訪ねる人も少なく静寂そのものの境内であった。五重塔は、総高17・7メートルで五重塔としては小ぶりで、引き締まった佇まいと感じた。初重の裳階が吹放しになっているのが珍しい。境内から見下ろすと、眼下に山城の国の雄大な風景が広がっている。

写真:海住山寺五重塔 03年8月15日に訪れた時に撮影

建立年代 1214年(鎌倉時代初期)

三間五重塔婆 初重裳階付(銅板葺) 屋根 本瓦葺

所在 京都府相楽郡加茂町例幣(そうらくぐんかもちょうれいへい)

11-2

海住山寺の山門・眼下に広がる山城平野

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP