岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
国宝の塔30基を訪ねて

第12回 京都の塔 浄瑠璃寺(九体寺)三重塔

2012年8月9日

12-1

浄瑠璃寺は、奈良市にごく近い位置にある。東大寺に立ち寄った後に浄瑠璃寺に向かったものの、旧柳生街道にコースをとってしまいとんでもない方向に入りこみ、奈良と京都の県境の山中を相当走る羽目になった。岩船寺を右手に見ながら浄瑠璃寺に到着した。大変な山奥についたように感じながら境内を拝観した。帰りの道は、東大寺をめざしたところ、短時間で奈良駅まで出ることができた。

草木が覆う参道を通り山門をくぐると、別世界が現れた。極楽浄土を現世に現そうとした伽藍配置といわれるだけあって、心を洗われる想いのする境内でした。

三重塔は、山門を入って左手、階段を十数段上がった小高い位置に、総高16メートルと小ぶりでも目を引くスマートな佇まいの塔でした。

最近知ったことですが、浄瑠璃寺の住職さんが、憲法改悪を許してはならない。平和のために9条を守らなければとの思いを込めて、しんぶん「赤旗」のPRビデオに登場していました。大変うれしい思いをしました。

写真: 浄瑠璃寺三重塔 1999年8月17日に訪れた時に撮影

建立年代 12世紀(1178年に京都から移築とされている)

三間三重塔婆 屋根 檜皮葺

所在 京都府相楽郡加茂町西小(そうらくぐんかもちょうにしお)

12-2

浄瑠璃寺の境内 池の対岸から三重塔を見る

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP