岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
国宝の塔30基を訪ねて

第15回 大和路・奈良の塔 元興寺五重小塔

2012年8月10日

元興寺極楽坊 五重小塔
 元興寺(極楽坊)は、興福寺・猿沢池から南側すぐのところにある。
 海龍王寺五重小塔(国宝)と同様に模型的につくられた塔。実際の塔の10分の1につくられ、高さは5・5メートル。斗(ます)や肘木(ひじき)など部材の接合部など細部まで実物と同じように組み上げている。

15-1

元興寺極楽坊本堂内は、訪れた際(2000年11月26日)に撮影禁止となっていたため写真撮影することができなかった。元興寺の「拝観のしおり」に掲載されている五重小塔の写真を転載させていただいた。

写真:2000年11月26日に訪問時に入手した元興寺の「拝観のしおり」から転載した五重小塔。

制作年代 8世紀後半・天平時代末期

三間五重塔婆  屋根 本瓦形板葺

所在 奈良市中院(ちゅういん)町11

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP