岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
国宝の塔30基を訪ねて

第30回 山口県の塔 瑠璃光寺五重塔

2012年8月22日

30-1

瑠璃光寺五重塔は、国宝の塔としては国内最西端に位置する塔です。横浜からは一番遠い塔でした。

境内が香山公園と言われる、ゆったりとした境内、池のあるよく手入れされた庭園の中に建つ大きく、美しい塔です。

瑠璃光寺五重塔は、法隆寺五重塔、醍醐寺五重塔と並び日本三名塔のひとつと言われている。

境内に瑠璃光寺資料館があり、ここには瑠璃光寺五重塔の15分の1の模型をはじめ全国55基の五重塔の模型と資料が一堂に集められている。

ごく最近(2010年6月1日付け「朝日」)この5層目にムササビ?が巣を作り桧皮葺屋根に穴が開けられたとの報道があり、五重塔の全体写真が掲載され紙上でお目にかかることができた。

30-2

訪問 2004年12月23日
写真: 瑠璃光寺五重塔 2004年12月23日撮影 
建立年代 1442年
三間五重塔婆 屋根 檜皮葺
所在 山口県山口市香山町7-1

「国宝の塔30基を訪ねて」最終回にあたって

 なお、シリーズで掲載してきた「国宝の塔30期を訪ねて」は、北端の山形県・羽黒山五重塔から始めて、本州を南西に移動し紹介してきました。西端の瑠璃光寺五重塔が30基目、最終回です。

私は、「国宝の塔めぐり」の2順目を羽黒山五重塔をスタートに開始しています。次は、今回の「シリーズ」を、追加、補充できるように取り組みたいと思います。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP