岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
こんにちは岩崎ひろしです

高校生の就学支援の強化を 「アルバイト専念」で退学する生徒を現制度は救えていない

2017年12月20日

iwasaki_171220「こんにちは 岩崎ひろしです 2017.12.20号」をお届けします。
横浜市議会では8日、会派を代表した一般質問が行われ、北谷まり議員(保土ヶ谷区選出)が登壇し、高校生の就学支援強化を、林市長に迫りました。
日本では、ほとんどの職種で、「高卒」以上の学歴が求められ、高校等進学率は97%を超えています。
しかし、経済的な困難をはじめ、様々な困難を抱えながら、なんとか高校生活を維持している子どもが多くいます。
ある定時制の市立高校では、1年間で、約100人の生徒が退学、「アルバイト専念」の退学理由が増えていると聞きます。
党市議団は「今日明日の生活のために、アルバイトに専念しなければならない高校生とその家庭を、現行の制度では救えていない」と指摘し、救済対策を提案しました。
こんにちは 岩崎ひろしです

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP