岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
こんにちは岩崎ひろしです

算議会に向けて市政懇談会を開催

2019年2月13日

iwasaki_190213「こんにちは 岩崎ひろしです 2019.02.13号」をお届けします。
2月5日(火)、日本共産党横浜市議団は、2019年度予算議会に向けての市政懇談会を開きました。40人が参加しました。
あらき由美子団長(南区選出)が、2019年度横浜市予算案の特徴を説明し、一般会計(1兆7,615億円)のうち、市民の運動と9人の党市議団の取り組みで前進した施策として、小児医療費助成(通院)の年齢拡大(小6→中3)、小規模事業者向け融資枠の拡大、平和事業関連予算1.5倍化、介護人材確保予算2.4倍化、敬老パスの継続、ミニバス等を運行する地域交通サポート事業の運行経費への直接補助の開始などを紹介。
一方で、「大企業奉仕、大型開発優先は相変わらず」だとして、福祉、子育て・教育、防災、生活道路の改善など市民の切実な要望に応えきえていない実態があると指摘し、予算審議を通じて、市民むけ施策を充実させるために、全力をあげる決意を語りました。
こんにちは 岩崎ひろしです

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP