岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
ファンクラブ通信

さくらプラザホールにて日本共産党演説会開催される

2019年2月24日

image戸塚区から市会・県会の議席を!

4月7日投開票の市議選・県議選・知事選、7月の参院選での躍進めざし、22日はたの君枝衆議院議員を迎えた日本共産党演説会は多くの参加者で熱気に包まれました。
最初に、あさか由香参議院神奈川選挙区予定候補、しいば寿幸参議院比例予定候補の決意表明、次に岩崎市議の応援に2人の方が駆けつけてくださり、熱い応援スピーチ。岩崎ひろし市会議員、大和田あきお県会予定候補の決意表明、同僚教師の方から大和田あきお県会候補の人物紹介が話されました。その後、「かながわリボーン」から立候補を予定されている岸まきこ県知事候補からのメッセージが紹介され、統一地方選挙・参院選へのカンパの訴えに続き、はたの君枝衆議院議員が約40分に渡って講演しました。
『どの弁士もとても誠実で、国民への愛のある心のこもった演説でした。来た甲斐がありました!共産党の躍進のため私も全力を尽くします』との感想が寄せられました。

大和田あきおさんの挨拶

大和田顔1高校教師42年 新たな挑戦!
横浜市戸塚区県会議員候補 大和田あきお
私は、高校時代、「微分積分学の基本定理」の本質に感動し高校教師を目指しました。大学時代、数学を学びながら体育会剣道部での厳しい稽古に励みました。大学卒業後、1975年から42年間高校教師として、数学教育、ホームルーム指導や生徒会指導、部活動等にとりくんできました。
2015年に強行成立させられた戦争法の廃止を求めて、かながわの安保法制違憲訴訟の世話人としてとりくんできました。
子どもたちのすこやかな成長と戦争のない平和な社会を願い、憲法9条の改悪に反対し、若者たちを再び戦場に送らないために、私は県会議員候補を決意いたしました。神奈川県で35人学級を実現し、一人ひとりの子どもたちに目がゆきとどく学校にするために、教育予算の増額、教育条件の抜本的改善を求めていきます。
日本共産党の躍進で、市民と野党の共闘を発展させ、明日の神奈川と日本の未来のために、ご一緒にちからを合わせていきましょう。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP