岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
こんにちは岩崎ひろしです

新型コロナ対策 国まかせでない市独自の取り組み強化を

2020年4月29日

iwasaki_200429「こんにちは 岩崎ひろしです 2020.4.29号」をお届けします。
4月23日、日本共産党横浜市議団は、林文子市長にあて、新型コロナウイルスの抜本的対策を求める申し入れを行いました。4月2日に続いて2回目となります。城副市長、田中健康福祉局長らが応対しました。
申し入れでは、下記の5項目、34件の改善要望を提出しました。
【緊急】新型コロナウイルス感染症対策について抜本的対策を求める申し入れ(第二次)
①すべての市民・労働者・事業者に、生活と営業が持ちこたえられる補償を速やかに実施すること(15件)
②医療崩壊を止めるため、検査体制の大幅拡充と医療現場への財政支援を行うこと(6件)
③介護や障害者への社会保障体制を守り、DV対策や児童虐待、外国人支援を行うこと(4件)
④小・中学生への昼食支援、公園や商店街などに於ける感染防止の啓発を強めること、住まいを失った人に市営住宅の提供など(8件)
⑤IRカジノ事業を中止し、コロナ対策に人員と予算を振り向けること(1件)
こんにちは 岩崎ひろしです

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP