岩崎ひろし

いわさき 広
日本共産党横浜市会議員
市会質疑・報告

岩手県大船渡市、陸前高田市における震災がれき処理状況確認のための視察報告その3

2012年5月30日

この日は、陸前高田市です。
 まず、仮設の市役所で、日本共産党川崎市議団とともに議会事務局の職員(県から派遣)からレクチャーを受けました(写真9)。

gareki3-9-1

 その際、「陸前高田市における災害廃棄物の処理について」と題するペーパーが配布されました(資料3)。
 処理方法が未定の堆積物を除くと、処理率は10%です。この表からいえることは、がれきはほとんど再資源化・リサイクルされること、処理方法はすでに定まっていて、広域処理を想定していないことです。国の指針によると、処理期限は、腐敗性のある廃棄物は、速やかに処分。木くず、コンクリートくずで再生利用を予定しているものは、適切な期間を設定。その他は、2014年3月末となっています。陸前高田市では期限が設定されている品目のうち、不燃物だけが大きく期限をこえる見込みとなっています。可燃物である木くずは、太平洋セメントで期限内に全量焼却されます。
 説明員も、「燃えるものは(自己)処理していきたい」「燃えないものはどこに受け入れてもらうのが良いのか県と協議中」と述べられました。
 レクチャーのあと、市内の一次集積所(写真10-1、2)、二次集積所(写真11)を巡りました。二次集積所で稼働中の重機数を40台余りで、処理は軌道に乗っていることを現認しました。

gareki3-9-2

gareki3-9-3

gareki3-10-1

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP